妊娠検査webホーム

妊娠検査web


 

生理が遅れている・・そう思った時、あなたはとりあえず妊娠を疑うのではないでしょうか。妊娠している可能性がある場合は産婦人科を受診する前に、まず自分でできる妊娠検査をするのがおすすめです。

妊娠検査をする方法として一般的によく知られている方法は妊娠検査薬ではないでしょうか。妊娠検査薬は産婦人科で検査してもらう前に自分で妊娠しているかどうかを調べることができるもので、薬局でも売られていますので比較的簡単に手に入れることができ、手軽に妊娠検査することができます。

妊娠検査薬は適切な時期に正しく使用すれば、ほぼ100%に近い信憑性があると言われています。そのため妊娠検査薬は病院に行かなくても自宅で手軽に妊娠の可能性を知ることができます。多くの妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査することが可能ですが、最近では生理予定日から検査することが可能な検査薬なども多くなってきています。

妊娠をすると女性の体からはhCGと呼ばれるホルモンが分泌されるようになり、このホルモンは尿の中にも溶け出します。妊娠検査薬は尿の中のhCGを感知してそれによって妊娠しているかどうかの可能性を教えてくれるものです。

妊娠検査薬は一般的に使用されるようになってから約30年もたつと言われています。この長い年月の間には何度も改良が繰り返され、より使用しやすく精度も高くなってきました。そのため現在では正しく使用することでほぼ確実な妊娠の可能性を知ることができますが、稀に子宮外妊娠など異常妊娠の場合もあります。

そのため妊娠検査を妊娠検査薬だけに頼るのではなく、妊娠の可能性があれば妊娠を確定するためにも妊娠検査薬適用後に必ず産婦人科で診断してもらう必要があるということを覚えておきましょう。

「妊娠検査web」では妊娠の基礎知識から妊娠検査薬の使い方、妊娠の可能性がある時期の生活についてなど様々な情報を詳しく紹介していきます。妊娠したかも・・と思った時は是非「妊娠検査web」をご参考ください。